女性

早めの対策が肝心|若い世代の人にも多く発症している糖尿病

習慣改善は子供の頃から

葉っぱ

未成年の糖尿病は、1型がほとんどでしたが、近年では2型も増加傾向にあります。子どもの頃の生活習慣は、後々に影響を与える可能性があります。良くない生活習慣は、早めに改善することで現在、将来の糖尿病発症リスクを抑えることができます。

詳しく見る

トクホを使って病気を予防

年配夫婦

糖尿病を防ぐのに効果があるトクホが人気になっています。おいしく手軽に摂取が可能なのが、その理由です。食事療法や運動療法といった、他の糖尿病対策とうまく組み合わせ、トクホをうまく活用していきたいものです。

詳しく見る

気が付きにくい症状です

女の人

糖尿病はインスリンの分泌が低下して高血糖になる症状です。腎臓、神経から心臓、脳血管などさまざまな器官に症状が現れます。治療には食事療法と適度な運動が不可欠です。食事をコントロールして血糖値を正常な状態に保ちましょう。

詳しく見る

早めの対策が肝心

手とサプリ

生活習慣病の1つである糖尿病というと高齢者がなるというイメージですが、意外にも若者にも増えています。糖尿病とは糖質をコントロールするインスリンホルモンが不足することによって、血糖値が高い状態になっていることをいいます。自覚症状があまり無く、健康診断で指摘をされる人が多くいます。血糖値が高いことによる、危険な合併症状がありますので放置することは良くありません。最近のライフスタイルで運動不足になったり食生活が偏ったりする人が多いため増加傾向にあります。初期症状としては疲れやすい、肌がかゆい、やたらに喉が渇く、体重が落ちてきた、尿がよく出るといった症状があげられますので気になる人は内科に行って検査をすることが大切です。

糖尿病は放置しておくと目の網膜への障害、脳梗塞、心筋梗塞などの怖い合併症を引き起こすので治療が必要となります。遺伝で糖尿病になる人もいますが、多くは食べ過ぎや運動不足といった生活習慣で引き起こされていますので、ライフサイクルを見直す必要があります。まずは、野菜中心のヘルシーな献立に変え、食べ過ぎない、週に3回は運動するなど習慣化していくことが大切です。同時に薬による治療法を続ける必要があります。食事の時に糖質が腸で吸収されることを遅らせる働きをする薬、膵臓を刺激してインスリン分泌を促す薬、食欲を低下させる薬を処方して血糖値をコントロールします。副作用もありますので、一生薬に頼り過ぎないように気をつけることが大切です。